メンズエステの楽しみ方〜お店探し・予約・施術・退店〜

スポンサーリンク

世の中には多くのメンズエステがあります。

スポーツ新聞やブログ、友達の話などでメンズエステに興味を持ったけど、どうやってメンズエステにいけば良いのかわからない!という方も多いのでは?

ここでは一般的なメンズエステの電話予約から訪問、施術、退店までの流れを説明したいと思います。

メンズエステの楽しみ方

わかりやすく対話形式で、この春新社会人になったあなたを想定してシミュレーションしてみましょう!

エステ店探し

時は5月。

社会人になって1ヶ月たち、慣れない仕事に緊張の日々。

先輩にどうやったら仕事に慣れるかアドバイスを求めたところ、とりあえず気分転換してみては?とのことで、メンズエステというものを教えてもらいました。

「俺の行きつけの店は教えない」との事だったので、お店選びから自分ですることに。

あなた
メンズエステかぁ・・・
あなた
とりあえず、ネットで情報収集かな

ネットでメンズエステを探す場合は、まずメンズエステを紹介しているサイトを確認するのがよいでしょう。

当サイトも札幌市を中心としてメンズエステをリストアップしています。

このようなリンク集サイトには、基本的な料金や住所、電話番号などが掲載していますが、お店選びの際には以下のポイントをチェックしてみましょう。

  • ブログは更新されているか。
  • 変なクチコミ、ウワサはないか。

クチコミやウワサについては玉石混淆ですが、ブログであれば更新頻度や出勤情報、エステティシャンの写真など様々な情報得ることができます。

お店によってはタイムサービスを行っている場合もあり、お店に行く前はブログを必ずチェックしましょう!

また、初めて行くお店の場合は「新規割引」という割引サービスを受けられる場合が多いので、この割引の有無もチェックしましょう。

予約の電話をする

お気にいりのエステティシャンを見つけたら・・・じゃなかった、行きたいお店が決まったら、予約の電話をしましょう。

メンズエステはほとんどの場合、事前に電話予約が必要となります。

初めての電話で緊張するかもしれませんが、勇気を持ってかけてみましょう。

あなた
(プルルルル・・・・プルルルル・・・)
あなた
(プルルルル・・・・プルルルル・・・)
あなた
(出ないな・・・)

メンズエステの場合、エステティシャンが電話対応をすることもあり、施術中の場合は電話に出るのが遅い、または留守電になる場合があります。

留守電の場合はメッセージを残さなくても番号通知していれば折り返し電話がかかってくるかもしれません。

「空き時間の確認で電話しました。またお電話しますor折り返しお電話ください」とでも伝えておけば良いと思います。

とりあえず今回は、電話がつながった前提で。

エステティシャン
(ガチャッ)大変お待たせしました、○○(お店の名前)です
あなた
あっ、あの、予約したいんですけど・・・
エステティシャン
ありがとうございます、何時頃がよろしいですか?

大抵の場合はこのように希望時間(来店時間)を聞かれますが、特に決まっていない場合は「一番はやい時間でどのくらいになりますか?」とでも聞いてみましょう。

あなた
えっと、一番はやい時間だと何時くらいになりますか?
エステティシャン
そうですね・・・一番早いご案内で17時になります。
あなた
じゃあそれでお願いします
エステティシャン
何分コースをご希望ですか?

来店時間のあとには希望のコースを聞かれます。

これは各店舗により違うかもしれませんが、90分コースや120分コース、またお店独自のコース名を決めている場合もあります。

電話の前にどのコースにするかしっかり決めておきましょう。

あなた
120分コースでお願いします
エステティシャン
120分コースですね
エステティシャン
当店のご利用は初めてですか?

なぜ初めての来店かを聞かれるか。

おおむね以下の様な理由からだと思います。

  • 新規客かリピーターか(指名があるかどうか)
  • 住所や部屋番号を伝えるため(複数の個室があるお店の場合)
  • 新規割引適用の案内のため

聞いてこないお店もあるでしょうが、ブログなどで新規割引を行っている場合は、このタイミングで伝えてしまいましょう。

あなた
はい、初めてで・・・ブログで新規割引ってのを見たんですが
エステティシャン
ありがとうございます。それでは新規割引料金でご案内しますね

この後、お店の住所などが案内されます。

エステティシャン
それでは、部屋番号○○○となりますので、お気をつけてお越しくださいね
あなた
はい、よろしくお願いします!

おおむね、メンズエステの予約はこのような流れになります。

最初は緊張するかもしれませんが、電話をしないとなにも始まらないので思い切って電話しましょう。

訪問の前に

さて、いざお店に行く前にやっておくべきことがあります。

それは、事前にシャワーを浴びておくこと。

メンズエステでも施術の前にシャワーを浴びるかどうか聞かれるのですが、やはりカラダは綺麗にして行くのがマナーだと思います。

いくらオイルマッサージだとはいえ、垢の出やすい部位はしっかりと洗っていきましょう!

とくに足の指やかかと、くるぶしの下など垢が出やすい部位です。

エステティシャンに嫌な思いをさせないように最低限の気遣いをしておくと好印象かもしれません。

また、訪問前に自宅でシャワーを浴びていくことで、お店に行ってからのシャワーの時間をカットすることができます。(お店によってはシャワーの時間もコース時間に含まれる)

施術中は少なからず会話もするでしょうから、歯磨きを済ませておく、またはフリスクなどを食べておくとよいでしょう。

いざ、お店へ

シャワーなどを事前に済ませたら、予約時間丁度に訪問できるようにして行きましょう。

メンズエステは基本的に待合室はありません。

早く行っても前のお客さんがいればお店に入れませんし、遅く行くとキャンセル扱いになってしまうかもしれません。

特に、遅れる場合は必ず連絡をしましょう!

今回のお店はマンションの一室にあるメンズエステ店を想定してお話しますね。

マンションに着いたらインターホンで名前などを告げます。

あなた
(ぴんぽーん)
エステティシャン
・・・はーい
あなた
あ、17時に予約していた○○ですけど
エステティシャン
はーい、どうぞー

郵便受けなどに店名があればわかりやすいですが、名前を載せていないお店もあります。

予約時に伝えられた部屋番号はしっかり覚えておきましょう。

玄関についたらチャイムを鳴らします。

あなた
(ぴんぽーん)
エステティシャン
(ガチャッ)おまちしておりましたー

晴れて、エステティシャンとご対面です!!!!

施術までの流れ

部屋に入ると施術台が部屋の中央に、その他に姿見やディフューザー、加湿器などがあり、ヒーリングミュージックが流れています。

テーブルや棚の上には造花で装飾されたインテリア。

でもそんなものには気が付かず「いつお金を払うのか」「いつ服を脱げばいいのか」「そもそもいつから時間がカウントされるのか」そんな不安でいっぱいかもしれません。

それでは、一般的な流れを見て行きましょう。

期待と緊張に一杯一杯になりながら、玄関から部屋へと案内されたあなた。

エステティシャン
それでは最初に施術料金を頂戴しますね
エステティシャン
120分なので9,000円になります
あなた
えっ、新人割引で8,000円ってブログに書いていたんですが・・・
エステティシャン
あっ!そうでしたね、ゴメンナサイ///

「メンズエステあるある」です。

エステティシャンさんはあんまり各種割引について把握していない場合がありますので、事前に確認していた料金と違う場合は勇気を持って確認してみましょう。

ただし、指名をしたのに指名料のことを忘れていた、なんて恥ずかしいことのないように笑

エステティシャン
はい、それでは10,000円お預かりしますね。
エステティシャン
施術前にシャワーは浴びられますか?
あなた
あ、家でシャワーしてきたので大丈夫です
エステティシャン
そうですか、それでは施術の準備とお釣りを持ってきますので、服を脱いでうつ伏せでお待ちくださいね

ここでエステティシャンは施術の準備と、お釣りの用意のため一旦退室します。

この間に服を脱いで、施術台のうえにうつ伏せで待機することになります。

基本的に施術中は「全裸+タオル」となります。温泉施設のアカスリなどと同じですね。

またお店によっては「紙パンツ+タオル」です。紙パンツが用意されている場合は着用しましょう。

脱いだ服は用意されているカゴやハンガーに掛け、施術台にうつ伏せになり、おしりにタオルを掛けて待ちましょう。

しばらくすると、エステティシャンが部屋に戻ってきて、いよいよ施術がスタートとなります。

多くのお店ではここからコース時間がカウントされるようですが、スタートのタイミングは店舗によって様々です。

施術中はなにをする?

施術中は基本的に寝ているだけとなります。

ただ、せっかくのエステですので、エステティシャンとの会話を楽しむのも良いですし、綺麗な女性にマッサージされているという至福に包まれてウトウトするのも良いでしょう。

お互いに気まずいのが、一言も喋らないのに寝ることもしない状態かな?

と言っても、最初はこんな会話から始まると思います。

エステティシャン
お疲れの箇所はあります?
あなた
えっと、太ももと腰を重点的にお願いします
エステティシャン
わかりました。立ち仕事されてるんですか?
あなた
えっ、よく分かりましたねー

エステティシャンもいろんなお客さんを相手をしているので、普通に会話をしてくれます。

特に最初はうつ伏せで顔も見えないので、エステティシャンの名前くらい聞いてみると、のちのち会話しやすくなります。

エステティシャン
はい、それでは以上で終了となりまーす

終わりは突然やってきます。

お店によっては、

エステティシャン
残り10分ですがどこかマッサージし足りないところはありますか?

などと聞いてくれるかもしれません。

大抵はコース時間に合わせて施術内容が決まっているので、時間が余るということはないんですけどね。

エステティシャン
それでは、シャワーの準備をしてきますので少々そのままでお待ちくださいね

このあとシャワーでカラダに残っているオイルを洗い流し、またバスタオルを巻いて部屋に戻ります。

シャワールームへの移動は大抵エステティシャンが案内してくれます。

部屋ごとに施術室がわかれているので、お客さんが勝手に別の部屋に入ったら困りますしね。

部屋に戻ると、

エステティシャン
飲み物をお持ちしますので、服を着てお待ちください

最後は喉を潤しながらちょっとだけエステティシャンとの会話を楽しみ、お別れです。

名刺や会員証をくれるお店もありますし、何もくれないお店もあります。

エステティシャンの名前を聞いておけば次回から指名することも出来ますので、名前を聞くか名刺をもらうかしておきましょう。

退店

名刺をもらい、玄関まで見送られるあなた。

エステティシャン
良かったらまたいらしてくださいね♪
あなた
はい、よろしくおねがいします

お店を出ると、急に現実に引き戻されます。

いつもの日常とは違うちょっとスペシャルな120分に、体も心もリフレッシュ出来た気がする。

メンズエステはそんな素敵なサービスを提供してくれる場所です。

最後に、のめり込み過ぎには注意しましょうね笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
神姫PROJECT

シェアする

フォローする